messykitchenなブログ

ただひたすらに散らかった台所や人生やその他を晒す。

脱W〇rd, 脱E×cel, 脱@st@h = Markdown, PlantUML, etc. : #3

コンポーネント図でオブジェクトの配置を調整する

PlantUML では、通常は特に指示しなくても、ツールが自動的にいい塩梅にオブジェクトを配置してくれます。

component    compoA  as obj1 #lightpink
component   コンポB  as obj2 #lightblue

オブジェクト同士を接続するときに、次のように hidden キーワードを付与すると 線が描画されずにコンポーネント間の位置関係を調整できます。

component    compoA  as obj1 #lightpink
component   コンポB  as obj2 #lightblue

obj1 -[hidden]-> obj2

component    compoA  as obj1 #lightpink
component   コンポB  as obj2 #lightblue

obj2 -[hidden]> obj1

Note: -[hidden]->-[hidden]> が異なることに注意。

次のようなマクロを設定しておくと、便利かもしれません。

/'レイアウト調整用マクロ'/
!define cd(o1, o2)  o1 -[hidden]-> o2    /'Connect to Down'/
!define cr(o1, o2)  o1 -[hidden]>  o2    /'Connect to Right'/

component   compoA  as obj1 #lightpink
component   コンポB  as obj2 #lightblue
component   こんぽC  as obj3 #lightgreen

cd(obj2, obj1)
cr(obj3, obj2)