読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

messykitchenのブログ

ただひたすらに散らかった台所や人生やその他を晒す。

二輪免許取得への道 - 12/24(土) 教習1日目

二輪

f:id:messykitchen:20161224204212j:plain

今日は自動車教習所へ行ってきました。20年数年ぶりの教習所です。
取得するのは普通自動車免許ではなく、自動二輪免許です。

実は先週土曜日に、最寄りの教習所へ入学手続きをしていました(入学金とかまだ支払してないけど)。
そして、本日、教習第1日目を迎えたわけです。

なぜ40歳のおにーさんが二輪免許を取ろうと思ったのか、詳しい理由は別の記事で述べることにします。

ともあれ、自宅近くの公園から送迎バスに乗り込み、教習所へ到着。

--------------------------------

■適性検査

1つの教室に40名弱の生徒が集まっていました。
普通自動車免許の人が多いようです。AT限定もそれなりに多いです。
二輪は・・・いないかな。普通自動車+二輪の人は1人いたかも。
40歳前後の人は・・・いないな。私だけか。
隣の娘は18歳だし(受講票をチラ見したが見えた)。予想通り、年齢が半分以下の人がほとんどです。

同じ形を見つけたり、幾何学模様を組み合わせたり、数字の大小比較をしたり、よくわからん模様が何に見えるか選んだり、アルファベットのAをひたすら書いたり、アンケート?に答えたり。。
20数年前も、同じようなテストを受けさせられたんだろうけど、全然記憶に残っていないです。
検査結果は30分くらいで出てきて、一人ひとり、教官から各自の特性を教えてもらいました。帰宅してからちゃんと読む。

実車教習 1時間目

次のような内容。
実車の各部の説明。
・基本的な乗り降り。
・倒れた時の起こし方(左右)。お、重い!
・発進の手順。
・さっそく乗ってみましょうか←あのー、ブレーキの説明、ちゃんと受けてませんけど・・

実車教習 2時間目

・停車状態からの発進について、おさらい。まだなかなか慣れない。アクセルの遊びが少ないうえに、超敏感。こんなものなのかな?
・教官の後ろについて、外周をぐるぐる。「着いてきて」「がんばって40km/h出して」いや、そうしたいのですけど、なかなか難しいんですが。

--------------------------------

で、第1日目が終わりました。
感想。
・覚悟していたが、バイク重い。3回倒してしまったが、起こすのたいへん。体力不足を感じる。
・覚悟していたが、車の運転と違う。両手両足、頭も使う。いろいろ考える余裕無い。
・覚悟していたが、生身で40km/hを出すのは、恐怖心をおぼえる。
・覚悟していたが、冬の教習はやっぱり寒い。
・覚悟していたが、高校生冬休みの免許取得で大混雑。

帰りの送迎バスに乗らなかった(乗り遅れた)ら、「乗らないときは連絡ください」って電話がかかってきて、おこられちった。
で、帰宅して風呂直行。寒かったしなんだか全身痛い。
こりゃ、午前中に疲れることをやっている場合ではなかった。

さて、明日は第2日目(実車 3時間目)です。
さむいけど気合い入れて行きます。

今夜はクリぼっちがどうのこうのと、悩むことなくぐっすり眠れそうです
(誰ですか?クリぼっちという言葉に反応する人は)。