messykitchenのブログ

ただひたすらに散らかった台所や人生やその他を晒す。

自分用メモ

ネットでヒットしたページを記録しておきます。

 

uwakichousa-success.com

 

best-legal.jp

www.adire-isharyou.jp

引用します。

(1)不貞行為それ自体から生じる精神的な苦痛に対する慰謝料
⇒不貞行為の事実を知った時からカウントされます。
(2)不貞行為により,婚姻関係が破綻したことから生ずる精神的な苦痛に対する慰謝料
⇒不貞行為により婚姻関係が破綻した時からカウントされます。
(3)不貞行為により夫婦が離婚することから生ずる精神的な苦痛に対する慰謝料
⇒不貞行為により夫婦が離婚した時からカウントされます。<

引用します:

民法159条という条文があります。「夫婦の一方が他の一方に対して有する権利については、婚姻の解消の時から6箇月を経過するまでの間は、時効は、完成しない。」というものです。ですから,婚姻を続けている限り,この配偶者に対する不貞の慰謝料は原則として消滅時効にかかりません。離婚調停をしているなら,あるいは離婚の協議をしているなら,しっかりと請求することができます。

引用します:

不倫関係があったときから20年間という除斥期間、不倫された側が不倫関係があったことと不倫相手を知ったときから3年という消滅時効、これらはどちらも浮気や不倫が原因で離婚する場合の慰謝料請求の時効になります。ただ、離婚した後で慰謝料請求するという場合も出てくるかと思います。結婚していた頃は揉め事を起こしたくなくて請求しなかったものの、離婚をしたら請求する気になったという話はよくあるものです。 離婚が成立した日から3年間というのは、離婚をした後での慰謝料請求の時効になります。

 

5年前の浮気は【時効】だ - 離婚相談zoo

引用します:

浮気が発覚した時点では離婚に至らなくても、それが原因で夫婦仲が悪くなりその結果離婚となるケースは非常に多いです。こうした場合に、浮気をされたほうは原因を「浮気」と主張し、浮気をしたほうは「性格の不一致」と主張するものです。そして浮気をしたほうが浮気の時効を主張して、慰謝料を拒否するケースも多くあります。浮気を原因として追及されたくないがために、性格の不一致を原因と主張するのも、常套手段と言えるほどです。
しかし今回の場合、浮気は時効にはなりません。婚姻期間中に起きた問題は離婚のときに清算するものだからです。